清水焼抹茶碗で楽しむ茶会2015

  • 2015.02.05 Thursday
  • 14:52
015/1/31 京都国立博物館茶室堪庵にて、京都女子大学茶道部紫清会(藪内流)のご協力を得てお茶会を開きました。主催は五条坂茶わん坂ネットワークです。


金森宗和好みの大徳寺真珠庵の茶室を写した堪庵。三帖の小間で客人5名と亭主が膝をつき合わせての一期一会を楽しみました。



ネットワークの会員さんが作って、東山開睛小中学校に寄贈されたお茶碗を今回の茶会のために15客お借りしました。この中からお気に入りの抹茶碗を選んでいただくところから茶会は始まります。


そして一旦待合を出て、お茶室に入ります。

京都女子大学の学生さんの藪内流のお点前が始まりました。シーンとしてはりつめた雰囲気のなかでお客様も少し緊張されてるようです。学生さんの後見がお床のお軸やお花の説明、お茶(老松 美好園)やお菓子(寒中梅 山もと製)の話をお伝えして、お茶がたつ頃に私と後見交代です。

5人づつをお迎えして4回の茶席を行いました。
5人の選ばれたお茶碗をそれぞれ持ち比べながら、作者名や、茶碗の名前、作り方等、焼き物の話をしました。京焼と清水焼の違いや、国宝の話や、京都の陶磁器の歴史までいろんな質問が出てきて、毎回違う話で盛り上がりました。
喋っているうちに皆さんの緊張もとけ、どの回も楽しいお席になりました。

この茶会は、1東山に沢山いる陶芸家やその作品に親しんで貰う 2手作りの器の良さを体感してほしい 3東山の宝物(文化財や人)と交流する機会を持ちたい という3つの目的で企画しました。手作り抹茶碗の魅力は十分伝わったようです。今回は、一席のお時間を長くして、ゆっくり2服のお茶を飲んでいただきました。文化財の茶室内で笑いながらお茶飲んだりお菓子食べたりできる幸せを感じて、茶席運営してくれた学生さんも、参加したお客様も、企画した私達もそれぞれに有意義な時間になりました。

=清水焼抹茶碗で楽しむ茶会と平成知新館観覧= 京都国立博物館 茶室 「堪庵」にて 2015

  • 2015.01.09 Friday
  • 21:31
陶点睛かわさきも参加しています「五条坂茶碗坂ネットワーク」の活動として、清水焼の抹茶碗で楽しむ気楽なお茶会をひらきます。 国立博物館にある茶室 「堪庵」を貸し切り、京都女子大学茶道部 紫清会(薮内流)の学生さんがお点前をしてくれます。昨年は雪の風情がのこるお茶会でした。今年は、参加者さんに好みの抹茶碗を選んでいただいてその茶碗でお茶を飲んでいただこうと考えています。堅苦しい作法は無しで、お茶を飲みながら、やきものの話をしましょう。主人も私も茶席のお手伝いしますので、是非ご参加くださいませ。 今回は新しくなりました平成知新館の常設展示も自由に観覧できます。
参加希望あれば下記の陶点睛かわさきまでお電話くださいませ。


=清水焼抹茶碗で楽しむ茶会と平成知新館観覧=
                                  京都国立博物館 茶室 「堪庵」にて



                                                                                五条坂茶わん坂ネットワーク代表
                                                                                        山 田 悦 央

    寒い時期ですが、金森宗和好みの大徳寺真珠庵の茶室を写したとされる三畳の小間で、東山の陶芸家さんたちの手作りの茶碗を用いて気軽なお茶会を開きます。あなたが選んだお茶碗で一服の茶を楽しむ・・・、非日常の空間でしばし、ゆったりとしたお時間を持って、やきものについて楽しく語らう・・・、そんな会です。
    お点前は京都女子大学茶道部 紫清会(薮内流)のみなさんです。茶道、作法の心得は必要ありません。お気楽にご参加くださいませ。
    併せて国立博物館のご厚意で、新しくなった平成知新館の常設展示を自由に観覧していただけます。
  こちらでも、京焼の魅力を楽しんでいただければと思います。
  
      日時: 平成27年1月31日 土曜日
      場所: 京都国立博物館 茶室 堪庵
      
      参加費: 大人1000円 大学生800円
      高校生以下600円   申し込み時 拝受
      
      持ち物: 参加証、靴下を着用してください  
                      京都国立博物館 茶室 堪庵
      募集人数: 先着20名 小学生以下は保護者同伴にて御願いします
                                                                             
      席入り時刻: A・1時 B・2時 C・3時 D・4時 の4回 各5名
              席入りの30分前には、ご集合下さい
      

      お申込: 名前・人数・電話番号・ご希望の時刻 を下記申込書にご記入いただき、陶点睛かわさきまで
                連絡の上、御持参下さいませ。参加費と引き換えに参加証をお渡しします。
      陶点睛かわさき 東山区五条橋東5丁目463 TEL075−561−4089(11時から5時まで)
  

わん・碗・ONE展2014~次代を担う若者の作品展~

  • 2014.11.05 Wednesday
  • 10:06
東山五条のにある京都陶磁器会館の2Fギャラリーでは、大学や専門校等7つの組織から学生さんの公募作品展を展開しています。
ご覧になった方が良いと思った作品を投票し、最も賛同者の多かった作品が大賞をもらえます。私もちゃんと投票してきました。

昨年の大賞は鈴木まどかさん

大賞の特典として、新風館での個展をされています。こちらも見に行ってくださいね。
参加校 京都嵯峨芸術大学 京都市産業技術研究所 京都伝統工芸大学校 京都精華大学 京都造形芸術大学 京都市立芸術大学 京都府立陶工高等技術専門校

わん・碗・ONE展 その2

  • 2014.11.03 Monday
  • 11:19
陶点睛かわさき 2階では [わんだ!Full・碗ワールド2014]と題して、五条坂茶わん坂の陶芸家の作品展をしております。猪飼祐一 井上路久 岡本和芳 諏訪蘇山 森里龍生 山田東哉 (順不同)
作品を見ながら、ゆっくりとお茶も飲んでいただけます。

ぜひのぞいてみてくださいね。

わん・碗・ONE展2014 その1

  • 2014.11.01 Saturday
  • 10:07
今年で3回目のわん・碗・ONE展が11/1~11迄開催中です。それって何?……そうまだ3回目なんであまり知られていないかも!簡単にいえば、京都の東山五条界隈で陶芸のお祭りを11日間やってます!
でも、単なる陶器祭的なものではありませんよ。五条坂、茶わん坂界隈は江戸時代から続く陶芸の街でして、今でも陶芸家、窯元、販売店、問屋などが軒を連ねています。その陶芸に携わる者が、この11日間一斉に企画展示や、体験、講演会、工房解放などをやります。ということで、陶点睛かわさきでは、[わんだ!Full碗ワールド]と題して五条坂茶わん坂在住の6名の作品展をしています。詳しくはその2に続く。

河井寛次郎の茶話会

  • 2014.03.05 Wednesday
  • 21:47

3月3日に河井寛次郎記念館に伺いました。河井寛次郎氏のお孫さんであり、記念館の学芸員鷺珠江さんが10人参加者と大きな机を囲み、茶話会が始まりました。珠江さんの私物の寛次郎造の抹茶碗10客が並べられ、「どの碗で飲みたいですか?」
けんかになる前にくじ引きで指命順を決め、どれで飲ませてもらうか選んでいきます。鷺さんは順番にお茶を点てながら、茶碗の技法やら、制作年代やら、河井家の暮らしぶり等をお話くださいました。

私が選んだのは、一珍で花のモチーフがある鉄釉の碗。力強い一珍に美しい緑の釉薬がのって、持ちやすいお茶碗でした。

2服いただいた後に、番茶をよばれながら「もしここにある寛次郎の器の中で、1つだけ持って帰れるとしたらどれにしますか?」と鷺さん。
私の選んだものは、9寸の深皿。これも花のモチーフで釉薬の色がとても綺麗でした。
博物館や美術館で飾られている器は素敵ですが、自分からは遠い存在なのです。でもこうやって使わせてもらうと身近に感じられ、寛次郎さんが身近な近所のおじさんのような気がしてきました。
器も使いこまれて、良い味が出ていました。楽しいひとときでした。
また機会があれば、是非参加したいです。

河井寛次郎のお茶碗で楽しむ茶話会

  • 2014.02.12 Wednesday
  • 22:58
 五条坂・茶わん坂ネットワーク企画のお茶会のお知らせ第2弾です。
 この企画は京都府地域力再生事業支援助成金を得て運営しています。

京焼・清水焼の発祥の地である、五条坂・茶わん坂で、地元住民がふれあう茶会を催す企画です。

今回は河井郤]叉念館の鷺珠江さんが、郤]困隆錣鮖箸辰董当時の河井家での気楽なお茶の楽しみ方を再現してくださいます。

 河井郤]困龍仁ぁ島根県安来スタイルのお抹茶は、作法のない気楽な家庭茶とのこと、場所も記念館の大テーブルを使っての椅子席ですので、お茶の作法をご存知でない方でも全く問題ありません。早春のひととき、河井郤]困隆錣如△孫さんの鷺さんのお話とともに、どうか楽しい時間をお過ごしください。

 

五条坂・茶わん坂ネットワーク

代表 山田悦夫

 

 記 

日時:平成26年3月3日(月)
  仝畫阿良堯Ц畫娃隠飴半〜12時
  午後の部:午後2時〜3時半

定員:各回10名(合計20名)

会費:500円

参加ご希望の方は、お電話もしくはFAXにて、下記までお申し込みください。(先着順とさせていただきます。)

   【担当:田村萊山(健夫)】TEL:075−561−2626

            FAX:075−541−3602

            携帯電話:090−8528−1745

 


堪庵茶会2

  • 2014.02.08 Saturday
  • 23:14

2月8日 京都国立博物館の堪庵にて、五条坂茶わん坂ネットワーク主催のお茶会を京都女子大学「紫清会」のご協力を得て、雪景色の茶室で開きました。三畳小間の茶室で膝を付き合わせてのお茶会を参加者さんには存分に楽しんでもらえたようです。今回は茶道に縁のない方中心に、500円の参加費で気軽に参加してもらい、京都の陶芸家の抹茶碗を楽しむ企画でした。京都府地域力再生事業支援助成金を得て企画運営しました。

私はお客さんとして席入りするつもりでしたが満席になり、スタッフ席で楽しませてもらいました。京都女子大茶道部さんの手際良い運営に助けられ、参加者さんからは「小間のこんな素敵な茶室で本格的なお茶会に参加出来てとても楽しかった!」「茶碗や陶芸家のついての説明が面白かったし、実際に手に取ることができて良かった!」とお声を多数いただきました。
東山の文化の良さを少しでも皆様にお伝えできたかなと喜んでいます。

「堪庵」お茶会

  • 2014.01.27 Monday
  • 23:19
 一般市民向けのお茶会のお知らせです。作法を全く知らなくても参加できる気楽なお茶会ですが、実は3畳の狭い本物の茶室を使ってお客様5人と亭主(京都女子大茶道部のかわいいお姉さん)で楽しむ本物志向のお茶会です。ドラマなどで戦国武将達が狭い茶室でお茶を飲んでいるのをごらんになった方もおられると思います。参加費用500円でそんな体験ができますので是非参加くださいませ。以下は 五条坂茶わん坂ネットワークからの案内状です。


五条坂茶わん坂ネットワークは、この地域の陶芸家、窯元、卸問屋、小売店などがメンバーの団体です。11月には地域活性化のため碗・わん・
ONE展という、焼物関連のイベントを行っていますが、それ以外にも年間を通じて、地域の方々に焼物の魅力を体感していただく行事を開催しています。今回、京都女子大学茶道部 紫清会(薮内流)の御協力を得て、京都国立博物館茶室堪庵」にて、お茶会を開くことになりました。寒い時期ではございますが、金森宗和好みの大徳寺真珠庵の茶室を写したとされる三畳の小間で、東山の陶芸家さんたちの手作りの茶碗を用いて一服のお茶をいただき、東山の歴史と文化の奥深さを感じていただければ幸いです。

 今回は特に、日ごろ茶道になじみの無い方々にも、ぜひ御参加いただきたく、ご案内申し上げます。

日時:26年2月8日土曜日 午後    

場所:京都国立博物館 茶室 堪庵         

 

参加費:500円 受付時拝受

 

服装・持ち物:平服でお越し下さい。靴下などを着用してください。

参加証を必ずお持ち下さい。懐紙、黒文字は、こちらでご用意します。

 

参加人数:先着25名 限定 小学生以下は保護者同伴にて御願いします)

席入り時刻 A・1時半 B・2時 C・2時半 D・3時 E・3時半 の5回各5名

   席入りの20分前には、ご集合下さい

 

お申し込み:名前 人数 ご希望の時刻 電話番号 を陶 点睛かわさき までお知らせ下さいませ。参加費と引き換えに参加証をお渡しします。

 

陶 点睛かわさき 東山区 五条橋東5丁目463 TEL 075−561−4089(11時から5時まで)

この企画は京都府地域力再生事業支援助成金を得て行ってます。

わん・碗・ONE展 その3

  • 2013.11.05 Tuesday
  • 19:44

今回はイベントガイドの使い方です。赤いポスター『わん展』が貼っているお店でイベントガイドをもらってくださいね♪
裏表紙にスタンプラリー欄が有ります。数あるイベント会場のうち、スタンプを押してくれる場所が10箇所有ります。陶点睛かわさきでもOK!
4つ集めるとと参加店でのお買い物が10%割引になります!7つ以上集めると、澤村陶哉作の陶銭が貰えます。ただし、毎日先着5名様のみです。この写真の陶銭は、造形芸術大学Yちゃんが本日もらった物です。スタンプ集めれたのが2時頃になりもう無理かと思ったら、平日だったので見事ゲットしましたーって見せに来てくれました。陶銭の裏も素敵です。

皆さんもスタンプラリー挑戦してくださいね♪平日が狙い目ですよ。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM