5月21日小学校の日

  • 2014.05.21 Wednesday
  • 21:48
今日5/21は145年前に、京都で最初に小学校開校した日だそうです。
先日、京都市学校歴史博物館に行く機会があり、明治期以降の教育の歴史を学んできました。
明治5年に学校を作る法律ができ、各地に小学校が作られたが、その3年前の明治2年には京都に64校もの小学校が市民によって作られていました。 法律ができる前に、京都 の町組を66の組に分けて、各々の組に小学校を作る、それも地域の方の寄付で作るなんて素晴らしい!運営費も修繕費用も地域の方の寄付だったそうです。当初は、消防団、警察、出生届けを出すなど役所のような役割も各小学校にありました。 町内の話し合いをするなど地域のシンボル的な建物だったようです。
『京都はなぜ小学校をいち早く作ったのか?』この問の答えに、一番感銘しました。江戸末期、京都も戦乱に巻き込まれ安全で住みやすい町ではなくなっていて、人口も減っていました。追い討ちをかけるように天皇、公家達が東京に行くこととなり、益々京都が弱くなる事を危惧した人々が、京都を建て直す為に一番大切だと実行したのが、教育だったのです。子供達を教育する事で町を再建する。当たり前の事すぎて忘れていました。教育によって、国が良くも悪くもなると云う事にも気付かされました。当たり前のように受けた教育が先人達の寄付によって始まったと知り、有難いとしみじみ思います。
6/1には京都市学校歴史博物館にて、
『京都番組小学校の歩み』と題して講演があります。
詳しくは075-344-1305までお問い合わせ下さいませ。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM