商品へのこだわり

  • 2011.03.04 Friday
  • 21:19
 店内には京焼、清水焼のお湯呑やお茶碗をはじめ、信楽焼や有田焼、美濃焼などのお皿や急須、マグカップ、色々置いています。作家さんや職人さんの手作りのものもあれば、マシンメイドの安価な器も色々置いています。「商品に対するこだわりが感じられない」と言われる点ですが、実はここに私達の商品選びのこだわりがあります。店に並べる選別のポイントは3つ、 清水焼かどうか、手作りかどうかではないのです。
〇箸い笋垢ぁ ´高価でない (品質と価格の釣合いが取れている)
くらしが楽しくなるもの
器は使っていただいてこそ価値があるものと考えていますので、使いやすく食卓に彩をそえ生活が楽しくなるものがよいと考えています。
 清水焼などの手作りの器には、少々高くてもそれ以上の良さがあります。たとえば持っていただいた時に軽かったり、手に馴染み持ちやすかったり、手書きの絵に暖かみを覚えたり、形が個性的など。また希望の器を必要な数だけ作ってもらえたりとオリジナル対応が出来るのも強みです。
 一方、マシンメイドの器にも、形が均一なため重なりが良い、大量注文にも対応しやすいなど利点に加え、なによりお手頃価格です。もちろん今は100円ショップにも器が並べられていますので安さでは勝負できませんが、陶点睛では国産の信頼できる品質の良い品を揃えています。

 陶 点睛 かわさき にお越しいただくお客様は、近くの大谷本廟へお墓参りの方、清水寺へ観光に来られる方、飲食店を営んでる方、ご近所の方、色々な方がおられます。 全員にご満足いただくのは無理でも、可能な限り、お客様一人ひとりのニーズにおこたえしたいと
思っています。これが私達最大のこだわりです。

お客様のご要望を色々お伺いします。その一部をご紹介しますね。

「かぶの柄でもっと大きな茶碗がほしい」有田焼手描きで2000円、美濃焼で600円でお取寄せできます。
 「結婚式の内祝に20cmぐらいの大きさで、梅の柄のお鉢を8客作って欲しい」清水焼窯元でおつくりします(1客5000円)
 「このぐらいのコップで5人分のお茶を入れたいけれど、この大きめの急須なら大丈夫かな?」お水を入れて実験してみましょう。
 「町内のお地蔵さんに備えてある花瓶が1客割れてしまった、同じような物を作って欲しい」かなり変わったカタチですので、清水焼窯元さんと相談の上、価格納期などをお知らせいたします。
 「おばあちゃんに感謝の気持ちを自分で書いて 湯呑と急須をプレゼントしたい」自分で上絵付けをしていただき、1週間程で焼きつけます(商品代金+400円)

こんな会話をお客様と交わしています。このポットも、マグとお揃いでかご網付の大きい物が欲しいとご要望を受けて、窯元さんと相談し、3回も作り直してもらって出来上がったものです。
 もちろん出来ないこともあります。「大事にしていた淡いブルーの桜の絵柄の浅鉢が割れてしまったので同じ物が一枚欲しい」美濃のある窯元が作った事は突き止めましたが、どこかの特注品として生産されたらしく、市場には出回っていないので入手不能でした。
 カタログで見ても、実物を見てみないとわかりにくいというお客様のご要望にお答えして、カタログ商品代金の5%料金でためしのお取寄せもしています。okならお買い上げ、NGでも5%の手数料だけ。お気軽にあれとコレとためしお取寄せして、お気に入りの物があれば必要な数だけおとり寄せできます。

清水焼でうちでは取り扱っていないもの探しているとお聞きすれば、置いてそうな清水焼専門店を紹介しますし、茶道具なら茶道具専門店を紹介することもあります。
焼物の街、五条坂なら、色々な陶器屋さんがありますので、それぞれの得意分野でお客様のニーズにお答えしていけると自負しています。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM