雪のお正月

  • 2015.01.03 Saturday
  • 10:48
2015年は雪で始まりました。坪庭に雪が綺麗って眺めていたら、あれよあれよという間に道路も雪だらけに。


2日は、雪の京都を見に行こうってお客様が多かったのですが、やはり夕方から雪が本降りに。



3日はさらに銀世界。今日も車は出せないので、電車でお店に向かいます。

店の坪庭には雪庇が出来ています。


今年成人式をむかえる関東のお嬢様から、とても嬉しい年賀状をいただきました。『明けましておめでとうございます!昨年○月に京都旅行をし、偶然かわさきさんに出会いました。そこで陶芸のいろいろな話をしていただき、私も陶芸がしたいと目覚めました!!最近地元で陶芸教室を探しています。また京都に行くのでその時には、ぜひまたお話聞かせて下さい』
うちの店で私と話して陶芸に興味をもっていただいたとは、こんな嬉しいことはない、陶器屋していて良かったぁと思います。

昨年は海外のお客様が多くて、意志疎通が難しい場面も経験しました。言葉が通じない相手に絵や筆談、身ぶりなどで希望を聞き取り商品を提案する、使い方を説明する、どれだけ理解してもらえているかわからない。でもお客様が笑顔で帰っていかれたら、私も嬉しい。

<お客様の笑顔のために、仕事をしよう > これが私の今年の抱負です。
2015年新春

東山トレイル 12/14

  • 2014.12.14 Sunday
  • 14:50

冬空の下、東山トレイルを清水寺から粟田口まで「まちカフェ@東山」の活動で、歩きいてきました。
今日は36峰マウンテンマラソン(宝ヶ池〜伏見稲荷)があるので登山道には道案内の方があちこちに立っておられました。
坂道登ると、 清水山の山頂248メートルと標識。木立の間の山頂にはみえない場所ですが。

小さなドングリは『つぶらじい』というそう。巨木でしたが葉や実は確かに小さい。

途中に大きな石碑を見つけ、漢文を解読すると、井上薫公の詩を木戸公がここに明治43年に建てたらしいです。どうやってこんな山の中に大きな石碑を運んだのでしょうね?



冬イチゴを発見!ちょっとだけ試食!酸っぱいけど甘い♪

途中ドングリやら栗のいがやら拾いながら1時間ほどで将軍塚のある山頂公園に着きました。お弁当!となる前に、参加者の上村さんがまず食前の抹茶を一服、ご馳走してくださいました。
おにぎり食べて、先達の磯貝さんが食後は熱いカフェオレを。
おやつもたんまり食べて元気でました。


展望台で記念撮影!京都を一望できます。
伏見の方角に山より背の高いビル群が見える!!えー蜃気楼かなー♪♪一応写真撮りましたがわかるかな
下山した後は、祇園饅頭でまたほっこり。
行者橋のたもとでいただきます。
大勢で登ると視点も様々でいろんな発見があり、楽しかった。
大自然を味わって直ぐに美味しいお菓子を風雅な場所で食べられるのも東山ならでは!東山の魅力をまた1つ発見出来ましたよ。
また山歩きしたいなぁと声もあり。今度はどこ行こう?

東山トレイル 下見編

  • 2014.12.10 Wednesday
  • 23:04
12月14日の日曜に東山の魅力を発見をしようと、『東山トレイルを歩こう』の山歩きイベントをします。それに先立ち下見をしてきました。当日は山歩きが趣味の磯貝さんが先達を務めてくれますが、下見は主人と二人でどちらも初めて歩くので、道が分かるか不安です。

まず、清水寺の横から、山歩きが始まりました。木立の中を歩いて行くと、清水寺の喧騒がウソのよう。鳥が鳴き、足元の落ち葉がかさこそ。たった5分で別世界です。
ドングリも拾いました。
登山道には、お地蔵様もおられました。
赤くはないけれど、透けるような黄色の紅葉も綺麗です。
トレイルの標識がきちんと整備されてるいて、道に迷うことなく将軍塚までこれました。
将軍塚は青蓮院の敷地内にあり、今回は入りませんでした。展望台からは京都の街が見渡せます。
将軍塚から粟田口までは下り坂で、あっという間に下界に降りてきました。
祇園饅頭の生産工房に寄っておはぎやお饅頭を買いました。
美味しかった!

当日も晴れますように(*^^*)

瓢箪ランプ作り

  • 2014.11.19 Wednesday
  • 09:24
町カフェ@東山の活動の一つ、瓢箪プロジェクトに参加して今年の夏も瓢箪育てました。今年も瓢箪の実は数個なったのですが、植えた時期が遅かったようで硬くなる前に萎んでしまった実が3つもありました。
収穫時に割れたりして、今年は1つしかとれませんでした。

昨日はメンバーさんが栽培した瓢箪を使ってランプ作りをさせて貰いました。自分で栽培した瓢箪を持って来られてる方も。

ランプ作りはなかなか楽しい作業で、やりだすと、皆さん無口になり黙々と瓢箪に穴をあけていきます。
できたー♪瓢箪ランプはこんな感じです。
穴の大きさやらデザインが個性的です。
私は波千鳥を作りました。

わん・碗・ONE展2014~次代を担う若者の作品展~

  • 2014.11.05 Wednesday
  • 10:06
東山五条のにある京都陶磁器会館の2Fギャラリーでは、大学や専門校等7つの組織から学生さんの公募作品展を展開しています。
ご覧になった方が良いと思った作品を投票し、最も賛同者の多かった作品が大賞をもらえます。私もちゃんと投票してきました。

昨年の大賞は鈴木まどかさん

大賞の特典として、新風館での個展をされています。こちらも見に行ってくださいね。
参加校 京都嵯峨芸術大学 京都市産業技術研究所 京都伝統工芸大学校 京都精華大学 京都造形芸術大学 京都市立芸術大学 京都府立陶工高等技術専門校

わん・碗・ONE展 その2

  • 2014.11.03 Monday
  • 11:19
陶点睛かわさき 2階では [わんだ!Full・碗ワールド2014]と題して、五条坂茶わん坂の陶芸家の作品展をしております。猪飼祐一 井上路久 岡本和芳 諏訪蘇山 森里龍生 山田東哉 (順不同)
作品を見ながら、ゆっくりとお茶も飲んでいただけます。

ぜひのぞいてみてくださいね。

わん・碗・ONE展2014 その1

  • 2014.11.01 Saturday
  • 10:07
今年で3回目のわん・碗・ONE展が11/1~11迄開催中です。それって何?……そうまだ3回目なんであまり知られていないかも!簡単にいえば、京都の東山五条界隈で陶芸のお祭りを11日間やってます!
でも、単なる陶器祭的なものではありませんよ。五条坂、茶わん坂界隈は江戸時代から続く陶芸の街でして、今でも陶芸家、窯元、販売店、問屋などが軒を連ねています。その陶芸に携わる者が、この11日間一斉に企画展示や、体験、講演会、工房解放などをやります。ということで、陶点睛かわさきでは、[わんだ!Full碗ワールド]と題して五条坂茶わん坂在住の6名の作品展をしています。詳しくはその2に続く。

東山おもてなし学校♪車椅子編♪

  • 2014.10.20 Monday
  • 18:16
先日、東山区役所で車椅子体験をさせてもらいました。「だれもが観光を楽しめるユニバーサルツーリズムの推進」を目指して創設された<東山観光支援コミュニティ>の主催で、実際に車椅子に乗って、押して、区役所から清水寺まで観光してみよう!!という企画です。


まず区役所から出て、整備された歩道上でも、車椅子は道の端へ端へと行き、まっすぐ押すことが大変でした。水仕舞いの為、道路は歩道も含めてカマボコ型になっている事を実感しました。清水道の坂道を押すのはとてもしんどかったけれど、押す方がましで、下り坂の怖い事!乗った私は車椅子からほりだされそうな気がして、シートベルトが欲しいと感じました。押してる方は押すというより、走り出さないよう引っ張ってる感じで登りよりきついと言われてました。


清水寺の中に入ると、意外にもスムーズでした。階段を回避出来るようにルートが整備されています。
車椅子でも全く困りません。さすがです。
車椅子に座って気がついた事がありました。自分の視線はとても低いのに、道行く観光客はあちこち見て車椅子には気がつかず、ぶつかったり、足踏んでしまったり!人混みならば、車椅子の前に歩く先導さんが必要です。見える景色も下からなので、欄干に視線を遮られてしまいました。

この柵は、座った目線を遮らないように設計されています。こちらもさすがです。小さなちょっとの気付きから、ユニバーサルツーリズムに繋がる事を実感しました。

次回のおもてなし学校は♪英語で道案内編♪だそう。


陶器屋主人とめぐる〜まいまい京都ツアー

  • 2014.10.06 Monday
  • 13:40
まいまい京都の五条坂陶器ツアーを今年2014年秋もやります。
10月11日(土)9:30〜12:00
【五条坂】陶器屋主人といく、清水焼・七基の登り窯めぐり
〜登り窯内部探検から、方広寺の鐘を冷やした池まで〜

と題して、京焼・清水焼の歴史や現状をお話したり、五条坂界隈に現存する登り窯をご案内しています。
今回はとても良い状態で遺されている旧藤平窯の内部迄ご案内する予定です。
今回はスペシャルバージョンになります。
というのも、ちょうど旧藤平窯跡地では、『廃墟の記憶』と題して芸術家「黒田アキ」+陶芸家「近藤高弘」のアート展示がされています。開場時間は13:00~17:00ですが、今回
はまいまい京都ツアーの参加の方のみ、午前中に窯とアート展示を見ていただけます。

申し込みはまいまい京都のホームページにてお願いいたします。

東山・お地蔵さんめぐり歩き

  • 2014.09.24 Wednesday
  • 00:48
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM