着物姿で散策

  • 2013.09.22 Sunday
  • 23:18
 着物姿で京都東山を散策している姿を多く見かけます。日本の方より、外国人の方が多いみたいです。
まだまだ、京都は暑くて、私自身は着物を着る気にならないのですが、
「暑くないの?」と尋ねても「kawaii!!」と満足げな返事が返ってきます。

昨日は、舞妓ガールの着物が着たいと金髪の女性がレンタル着物の店への行き方を尋ねてきました。主人と私で、京都のガイドブックとスマホを使い店の位置とおおよその費用を調べてみると、
{舞妓に変身}は写真撮影をしてくれるが、概ね1万円以上してました。散策付きだと1万5千円以上です。
{レンタル着物}だと5千円くらいからで、1日散策OKのようです。  
「この違いは何?」
「舞妓と普通の着物とどう違うの?」
そう英語で問われても、即答できないので困っていると
連れの金髪女性が、ガイドブックの広告写真を見比べて
「頭の髪の形が全然違う!化粧方法も違うみたいよ!」
確かに、{舞妓に変身}はカツラで舞妓の髪に結ってあるし、白塗り化粧です。

舞妓ではない着物・・・はちょっとと残念そうでしたが、5000円で1日散策できる方がやはり良いとレンタル着物することに決めたようでした。

「本物の舞妓ちゃんは自分の髪を結うだけどな」と主人。
「本物じゃないんだからカツラで良いの」と私。

日本人には舞妓の格好と普通の着物の違いを説明する事もないですが、外国人には謎だらけだったようです。ちゃんと説明できないとダメですね。

紫陽花の季節

  • 2013.06.21 Friday
  • 22:54
雨のなか、紫陽花を見に三室戸寺に行ってきました。青や紫、ピンク、白、紫陽花で埋めつくされていました。

 
初めて見た鮮やかなピンク紫陽花も綺麗!
堂の前には蓮池があり、蓮の花が咲いていたのも見れてラッキーでした。

自作のお茶2

  • 2013.06.03 Monday
  • 21:49
 茶の木
お茶の木は新芽がいっぱいでてきました。五月に3回、お茶摘みをして6月1日に4回目のお茶摘みをしました。新芽を3枚の葉まで摘み取り、まる1日ザルで乾かしました。
生茶葉
すぐに加工せず、乾燥させると香りがよくなるとネットででていました。確かに摘みたての茶葉より、半日置いといた茶葉の香りの方が強く、甘い香りになっている気がします。水分も減っているので、乾燥させやすいという利点もあり、今年のお茶は全てこの製法で作っています。

出来あがった茶葉でお茶をいれると、相変わらず色は薄いのですが、味は結構よく、甘味もあり、すっきりした苦味もあり、家族にも好評です。茶葉
1本の茶の木では、収穫量のわずかですから、1回の収穫で、急須2はい分ぐらいしかできません。
自家製のお茶で日々を暮らすのは到底無理ですが、出来立て新茶を飲めて幸せです。

伊賀の里

  • 2013.04.25 Thursday
  • 22:11
 信楽から伊賀へと商品の買出しに出かけました。信楽は滋賀県ですが、15分ほど車で走ると三重県の伊賀焼の里、丸柱地区です。八重の桜があちこちに咲き、道横の雑木林にはミツバつつじが満開です。あまりに綺麗なので、写真をぱちり

みつばつつじ
 
長谷母やというお店で昼食をいただきました。藁葺屋根の築200年の建物です。庭が見える4畳半の和室に通され、ゆったり蒸鍋料理をいただきました。

長谷母や

手入れが行き届いたお庭も散歩させてもらい、楽しい時をすごしました。苔むしたつくばいに春ランが生えていました。

つくばい

海棠桜が咲き出しました

  • 2013.04.06 Saturday
  • 00:35
 33月29日に5輪の花が咲き、今年の開花となりました。1週間後の4月5日は8分咲きです。4年前から、木の下の方でも花が見れるようにと、剪定を繰り返しのがようやく実を結び、花が沢山咲きました。植木屋さんは忙しいときにはなかなか来てくれないないので、梯子まで購入して何度も自分で剪定をした甲斐がありました。明日の雨が降る前に撮った写真をどうぞ。
足元にはしゃがの蕾もふくらみはじめ、来週には海棠とシャガの競演も見られそうです。

成人式

  • 2013.01.17 Thursday
  • 23:38
  1月14日は成人の日でしたが、京都も朝から生憎の雨でした。いつも陶器祭をお手伝いしてくれている、とっても働き者の姪がせっかく振袖着たのでと、陶点睛かわさきに寄ってくれました。いつもはドラムを叩くのが趣味の元気な姪も、着物姿ですと、しおらしく可愛いお嬢さんです。店の2階の和室で写真撮影。義母(姪にとっては祖母)が描いた水墨画の襖絵の前で、記念の写真を撮りました。
 午後の2時半からの成人のつどい(京都市主催)に出席するのに、奈良や大阪のお友達と待ち合わせをしているらしいのです。成人式って自治体が主催しているから、市民じゃないと出席できないのが普通では??ところが京都市は事前に申し込めば住民票が無くても出席できるのだそうです。姪もそのお友達も中学から大学までD私学に通い、姪はもちろん、彼女らにとっても京都は青春の地なのです。だから、午前中に奈良は大阪で地元の式に出席して、午後は京都でお友達と成人式に出席したいと願い、OKする京都市の懐の大きさに感動しちゃいました。ちょうど、午後からは雨もあがり、よい成人式をお友達と祝えたことと思います。

立命館慶祥中学校

  • 2012.12.23 Sunday
  • 10:45
  去る10月に北海道江別市にある立命館慶祥中学校の2年3組4班の6名の生徒さんが陶点睛かわさきを訪ねてくれました。京都への修学旅行中に、伝統産業あるいは伝統工芸品について自主研修をする 取り組みの一環として、京焼・清水焼のことが知りたいとの事。予め生徒さんからは質問状がFAXで送られてきましたので、それに回答する形で約40分ほどお話をしました。
 陶器の作り方などオーソドックスな質問もありましたが、うちの店から世界に輸出をしているか?と大きな質問もあり、伝統産業という内への方向の勉強も海外という外への目線で捉える生徒さんにびっくり!さすがにしっかりしてはります。多くの外国人観光客がお土産に陶器を買っていく+海外の陶器屋さんがうちから買って自国で売っているなど、大きな意味では輸出といえるかなとお話しました。日本製の評価は高いと日々外国人に応対していて感じます。ただ、陶器業界も空洞化が始まっていて、他国産のいかにも日本製に見える安い輸入品が増えてきました。国内では、窯元さんやちいさな工場は採算もぎりぎりで、後継者不足でどんどん廃業している事実もお伝えしました。
 ”伝統工芸品”と”マシンメイド”についても質問がありました。陶器がすべて伝統工芸品ではないが、工芸品とマシンメイド品のそれぞれの特徴や利点を考え、使い手がどちらを選ぶかを決めてもらったら良いと思っています。
 京都にお店があって、日本の伝統を守り伝えていく事も私達の仕事と思っていますが、今回は少しだけその役目も果たせたかな・・「よい記事が書けました」と礼状が届きました。是非その記事を見せてもらいたいなと思っています。



すっかり秋に

  • 2012.11.15 Thursday
  • 23:37
 店の坪庭は今、秋の花盛りです。つわぶきの黄色の花にお茶の木の白い花、ホトトギスのエンジ色の花がさいています。むくげの葉は黄色に色づき、どうだんつつじも紅くなりはじめています。作夏は暑すぎて実を落としてしまった千両でしたが、今年は水やりを怠らなかったのも良かったのか、実が赤く色づきました。さすがに虫もいないし、窓を開けたいのですがあっという間に寒くなってしまいました。膨らんでいる柊の花が咲くとそろそろ、海棠桜も落葉しだします。12月の初め頃にはギボウシや鳴子ゆりの葉が黄色になり、お庭がにぎやかになって、やがて静かな冬を迎えます。もうしばらくは坪庭で秋を楽しみますね。
 陶点睛かわさきのホームページへ

紫蘇とバジル

  • 2012.09.28 Friday
  • 22:09
 どちらも、良い香りのする大好きな葉っぱ、紫蘇とバジル。紫蘇は何年も前に友人に貰った株から種がこぼれて、毎年雑草のように庭に生えてきます。紫蘇の葉はバッタも好きなようで、私の口に入るより前にバッタに穴だらけにされてしまいます。その事を知った息子が当時小学生だったと記憶していますが、カマキリの卵を見つけて持ち帰ってきました。その年からカマキリがバッタを食べてくれるので、紫蘇も少しは食べられるようになりました。
 作夏から2階ベランダにてプランターで野菜を育てていますが、そのメリットは日当たりが良い事と虫が少ない事です。作夏には、トマトの下にバジルを植えると虫除けになる・・・と何かに載っていたので、2本バジル苗を育てました。プランターからは勝手に紫蘇もはえてきて、バッタも2階にはいないので、沢山の紫蘇の葉っぱを食べることができました。9月には、紫蘇もバジルも花が咲き、種を作って枯れました。11月にプランターを整理しようのぞくと、バジルの小さな芽が一杯でています。今から寒くなるのに育つかな?案の定、冬には耐えられず、全て枯れました。紫蘇はキチンと暖かくなる5月の末頃芽吹くのに、同じシソ科でも違うなあ!バジルはイタリアから来たから、一年中暖かい地中海性気候に適応してるんとちゃう?と主人。ホントそうかも!でもバジルってアホやなあと私の独り言。

今年の夏も紫蘇は勝手にプランターに生えてきました。それも大量に。植えていたセロリや、えんどう豆を凌駕する勢いです。込み合いすぎているのと、日当たりが良すぎるのと、水不足で、葉っぱは堅くなり、アブラムシもついて、あまり良い状況ではありません。それに今年はカマキリが2階ベランダにいるのです。ということはバッタもいましたああ・・どちらも2階から追放して庭に行ってもらいました。8月に紫蘇とセロリの間から、2本のバジルが育っているのを見つけました。賢いバジルもいたんだ!紫蘇とセロリについているアブラムシはなぜかバジルにはつきません。虫は日本製だから、よそもんバジルがおいしいとは思わないとちゃう?とまた主人。伸び悩む紫蘇、セロリを追い越し、今、一番背が高くなりました。まだ花芽はできてないようですが、早く咲かないかな?と楽しみにしています。今度できる種はきっと日本の気候に適応しているものが増えてるはず。ですよね?



ベランダ栽培

  • 2012.08.31 Friday
  • 21:22

  自宅のベランダにプランターを置いて、今夏はミニトマトとサツマイモを栽培しています。野菜の切れ端を米ヌカや落ち葉と一緒に土に混ぜ込んだ自家製栽培用土を混ぜて使っています。昨夏は勝手に芽がでた作物を育てら冬瓜で4つも収穫でき楽しみました。今年はどうかな?たくさんのかぼちゃ系の芽が出てくるのですが、なかなか育たず、1つだけ育った小さなかぼちゃを収穫しました。味はいまいちで、栄養も水もプランターでは足りないようで雄花ばかりが咲き枯れていく株。涼しくなってきて今朝ミニトマトを収穫していたら、かぼちゃの雌花(かぼちゃかどうかはわかりませんが)2つもあるのに気がつきました。明日あたり咲きそうなので、受粉させてみよう。何が生るだろう?ミニトマトは沢山収穫できて、毎日の食卓を彩っています。色が赤くて堅いので、輪切りにして料理に使えます。ピーマンと炒めた玉葱と共にオムレツの具にしたら、彩りもキレイでおいしかった!名付けて「夏野菜オムレツ」そのまんまですね。 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM